スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狸について その1

横溝正史はあるインタビューの際、このように言った。

「ミステリーで顔の潰された死体が登場した場合、それは殺されたと思われる人物の死体ではないに等しい」

確か、横溝正史はあるインタビューの際、このように言った。

いや、横溝正史はあるインタビューの際、このように言ったらしい。

横溝正史はある小説のあとがきで、このように言ったらしい。

横溝正史はある小説のあとがきで、このように言ったらしい?。

横溝正史はどこかで、何か言ったらしい?。

横溝正史?。



横溝正史は、僕のイメージでは頭髪が少なく黒ぶちのメガネをかけていて、歳からくるしわが深く顔面全体に刻まれている。
万年筆を持った手をこめかみにあてて考え事をし、彼の部屋には将棋盤がある。

だいたい浴衣を着用していて、ときどきステッキを手に、近くのすき焼き屋に行く。
気宇壮大。

食べ物でいうと柴漬け。
政治家として目覚めていたとしたら、ポスターには「よこみぞ正史」。
AKB48のメンバーでいうと、センターで歌っている人の真後ろにいる人。

そんなだ。


で、本当の話題は次回。
狸について。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。