寄らば出す。 その2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
ドクヤガエル、フキヤガエルって名前、なんかかわいそう。
毒の採取=殺害っぽいし。

=====
分解しやすかったり、熱に弱かったりするのでなければ、彼らの毒は人間には作用しないはずだ。
というのも、彼らの毒で狩った獲物を人間が食べて死んでしまうようでは、この流れに勝者はいない。

関係者全員死亡で、それでも勝者を考えるのなら、それは分解者だろう。


一方で、その毒が人間に多少也とも効いてしまうのであるなら、人間としてはカエルを触れたくはないだろう。
となるともう、毒の獲得方法は「ドクヤガエルを見つけたら、矢でちょい刺す」以外に考えられない。

その矢で獲物を射て、倒したら矢の刺さった場所付近を除去したりする。


それにしても、やはりそうなってしまうのだろうか。

「矢でちょい刺し」
カエル達の体長を考えると、それはもう全身裂傷に等しい。


あるいは「ちょい刺し」どころではないかもしれない。
カエルを矢で刺しぬいておいて、それをそのままシュッとやる。

大きな獲物を狙っている場合は、矢に何匹ものカエルを刺しぬくかもしれない。
それが矢先の毒量と比例するのかは分からないが、壮観ではある。

矢につらぬかれた、たくさんの小さなカエル。

矢、本来の用途を考えると「たまたま石の上に小さいカエルが連なって座っていた」みたいなことがない限り、そんな光景は見られないだろう。


まあどちらにしても、カエルにとってはあまりにも悲しい感じ。

次回、殺さずにドクヤガエル、フキヤガエルから毒を取ろう。
じゃあ本当に殺して毒を取っているのか、は知りませんが。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ