スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい、レッドブル。

今思ったのだが、あるゲームの敵が「エナジードレイン」という技を使ってきて困ったことがある。

それはせっかくプレイヤーが一生懸命に敵と戦ってあげたレベルを下げてしまうという、再度レベルを上げる手間を考えると、現実の生活にも少し影響を与えるというもの。
これは困った。

この「エナジードレイン」というものはゲームではレベルを下げるというものだが、ゲームやその怪物の伝承的には「年齢を取らせる」という意味合いを持つものであるらしい。

「その敵に触れられると歳を取ってしまう」

何の映画かは分からないが、そんな感じのをいくつか見た事ある気がする。


となると気になるのは「その敵がカブトムシの幼虫をお手玉したら、どんどん成虫になって飛んでいってしまう」ということで、これは何だか楽しそうだ。

お手玉がどんどん飛んでいってしまうわけなので、敵に手下に絶えずカブトムシの幼虫を供給してもらわねばならないが、それはそれで楽しそうだ。

あるいは「ワインがおいしくなった」や「赤ちゃんに触ったら大人になって返り討ちにあった」などもあってたいへんそうで、それなら敵にタイトルのような声でもかけてあげたくなる事、まあ必至ではないけど。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。