プロビデンス その2

僕の目は、もうジャニーズジュニアはみんな同じ顔としか認識できない。

みんな、男前の男子達だ。
いいのか、こんなに男前の男子達がいて。

しかしそれの区別ができないのである。

男前A
男前B
男前C

男前で因数分解、あるいはギラで一掃できてしまう。


こういったことを考えるとき、別の観点で物事が見られたらなあと常々思う。
そうすれば、物事はよりはっきりと区別できるのではないか。

例えば、ちょうど昆虫の持つ「複眼」。

いくら高性能とはいえ、2つの目では確証が得られなさ過ぎる。
人間は何をやっているのだ。

2つで何もかんも済ませようとしやがって。

ともかく、そのくらい目があれば、ジャニーズジュニアも区別し放題ではないか。
昆虫という事で、可視光の幅も増えそう。

「あ、あの子はちょっと体温が低いので、体調が優れないのだろう」
「あ、あの子は胸元が紫外線を吸収して黒く見える。胸元に自信があるのだ」

この調子なら、フリーメイソンっぽい「全てを見通せる」こともできるんじゃないか。
そんな気もする。


だが、一方でこんな考え方もある。

ある作家は、ゾウの考えている事をアリが理解してしまった時、そのアリは狂ってしまうのではないかと考えた。
最近のインディジョーンズのネタバレでは、最後に膨大な知識を教えられてしまった人がうっきゃあってなってた。
どちらも、何か許容量を超えるものがどっと来た時、大変な事になってしまうことを示唆している。

僕の望んだ複眼は、その視覚情報で僕を狂わせてしまうのではないか。
そう感じた。


そういえば、ムカシトカゲを思い出す。
彼らの頭頂部には光が感受できるらしい感覚器が、目とは別に存在している。
しかしそれは、生後半年くらいで鱗に覆われてしまうのだ。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ