スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンケージ、ミイラ。

ミイラというと近所で見かけるようなものではなく、よくゲームや映画などで見かける。
僕のイメージは「包帯が全身にぐるぐる巻かれた人」だ。

おそらくあの包帯をほどいていくと「さけとば」みたいなものが出てくるのだろうが、それにしてもなんで包帯が巻かれているのか。

包帯でぐるぐる巻きにしなくてはならないくらいの重傷の人が亡くなり、それが干からびたという設定なのか。
あるいは自分のさけとばを見られたくないという、ミイラなりの羞恥心なのか。
それともミイラが昼間寝ている時(たぶん寝ている)、身動き取れないように牧師(たぶん牧師)が巻いたのだろうか。

どれかは分からないが、最後のやつだとしたら牧師さん、体にフィットするように包帯を巻いては拘束になりませんよと教えてあげたい。

わたすの記憶がたすかならば、確か昔、日本はどこかからミイラを輸入していたはずだ。
そしてそのことをいつか書いていたはずだ。

ということでそのことではなく、「ミイラがたき火をしたいとき、まずは包帯、次に左すね」とかを考えてみよう。

ミイラが暖をとりたくなるというくらいだから、相当寒いに違いない。
そんななか、ミイラが一人、包帯を脱いでいる。

火種はどこかにあったのだろう。
燃えていく包帯に向かって両手を広げている。

生前の記憶があるのだろうか。
ときどきその両手を口にあてて「はぁーっ」と息を当てようとするが、そこから出るのは暖かい息ではなくて何かの粉だ。

かわいそうだ。

そして、消えゆくたき火に対して、彼彼女はおそらく自分の体がぜんぶ燃えやすそうな事に気づく。
死蝋というものが頭をよぎるかも知れないが、頭は空に近いので頭をすーっとするかも知れない。

さきほどは左すねなどと話を濁したが、結果的にはたき火に投身してしまうだろう。
そのとき、はれてミイラはイフリートとかいう「火の妖精」デビューを果たす事ができる。

よかった、ミイラ。
寒いのは悪い事ばかりじゃない。

ちなみにミイラのイフリート歴は2分くらいです。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。