スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンケージ、やる気。

「やる気スイッチ」のコマーシャルは実際のターゲットについてはともかく、かなり印象づけられる点ではCFとして成功している。

他のところとは違うところを見せたいのか。
多少ずらした感じの塾のCFは、なんかいろいろ大変なんだろうな、と少子化を危ぶんでみたり、空を見上げてみたり、小鳥とお話をしたり。
いろいろと憂鬱にさせる。

うちの猫には、結構全身は白いのだが顔に不均一な灰色の模様の入った、残念な猫がいる。
その猫の腹の、ちょうどへそっぽい部分には灰色の模様がやはりあり、悲しいかな彼は人間に捕まると腹をさらされ、いつも「やる気スイッチ!!」と叫ばれながらそこを押されてしまうのだった。

彼は、おびえて隠れて生活している。

さて、確かCFでは、「やる気スイッチ」はいわゆる「トグルスイッチ」で、ONとOFFを交互に切り替えられるものだった気がする。

普通に考えれば、やる気は一度ONにしたらそれを維持。
スイッチは一度押したら戻ってこないような、そんなボタン形式がいいのではないか。

そう思ったのだが、やはりそれは「OFFも必要」という至極当然な話もあるだろう。
となるとトグルの方が優れているか。

そういえばトグルには「今がONなのかOFFなのか、明瞭」という利点もある。

先ほどの猫は「やる気スイッチ」がただの模様なものだから押したかどうだか永遠に分からず、永遠に押されてしまうことを考えても、トグルがいい。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。