リンケージ、すきま。

よく、神経質な人と「ドアの隙間」や「たんすの少し開いた状態」との関係が、「養老乃瀧」で話題となる。

僕は、自分ではあまり神経質だなんて思っていないが、そういった「すきま」は気になるほうで、それはもうフィギュア4レッグロックかけられているときに、かたやロープ、かたや少し開いているたんす。
となるとまずどちらに行くか迷う、なんてことになるわけである。

ともかくこういった特徴の人たちは、たいがいあだ名が「宮内庁」とかなったりして、それはもう宮内庁が迷惑なのである。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ