スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンケージ、アイス。

結局のところ現在9月7日で、ぜんぜんブログが滞っているのだが1月31日の僕よ。
今年の夏は恐ろしく暑いぞ。

ということで、ずいぶん昔行った事のあるアイス屋を思い出した。
確か、そこは住宅地の中にあるにも関わらず那須高原を目指したたたずまい。
そしておいしかったはずだ。

それを、その場所の近くで思い出したからよくできているものだ。
さっそく行ってみる事にした。


幸か不幸か、そのアイス屋はそのログハウス的なたたずまいを残したまま、絶賛営業中だった。

ここで「幸か不幸か」と言ったのは、もちろん「幸」のほうは「お店がやっていた」ことで、この抹茶と枝豆のダブルはなかなか他の物では代替できない。
そこも「幸」に値するでき前なのだ。

一方で「不幸」というのは「アイス屋がつぶれていた場合の、何か面白い出来事」というものが「お店がやっていた」ことで考える必要がなくなったという、本ブログ特有のやつである。

アイス屋がつぶれていて、何か面白い事になるのだろうか。

それだけでも何か不謹慎な感じがして嫌でもあるが、一方で考えるくらいは許されよう。


・アイス屋がつぶれていて、代わりにチゲ屋ができていた。
せっかくアイス屋の機材とかあっただろうに、むしろ熱いものを作りますか、という感じになる。
もっとも、機材を使用して結局アイス屋でも困るのだが。

・アイス屋がつぶれていて、代わりに神社ができていた。
これはかなり考えさせられる。
どうしたのだろうか。
何かを鎮める必要でも生じたのだろうか。

・アイス屋がつぶれてからというものの、そこはヒガンバナの絶えることがなかった。
これもどうしたんだと心配になる。
あんなに、子供たちが楽しそうにアイスを食べていたのに!!とか。

・アイス屋がつぶれてからというものの、そこはソテツの絶えることがなかった。
なぜ似たようなものを別にしたのかというと、「ソテツ地獄」のことを思い出したからだ。

・アイス屋がつぶれていて、代わりに水浸しになっていた。
なんとなく納得。


と、ともかく上記の羅列を見る限り、本当につぶれてなくてよかった。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。