スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンケージ、千差万別。

前回出てきた「千差万別」ということばについて何ら感慨はないのだが、ちゃんとよく見てみると、気になることがないわけでもない。

それは「千差万別」の対象の最小数が「10000」である事実。

そしてその中には「1000対、差のあるやつがいる」らしいこと。
さらに「10000それぞれが全部別もの」というらしい点だ。

もちろん一文字の考え方を変えればいくらでも意味は帰られるが、何となく「10000それぞれが全部別もの」は、もっともっと特別なオンリーワンという感じで、大変よろしい。

ただ、一方で1000も差があるということなので、まあ得意不得意もあるよねと、社会に出て行く君たちへの応援歌。

面と向かっていうのは恥ずかしい。
だけどいつも気にかけているよ。

ストーカーのような意味を含有しているのである、「千差万別」は。

そして何より、アナグラムにより「千万差別」と、関わるのがめんどくさそうな属性になるもの、気になると言えばなるか。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。