スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンケージ、財布。

ポケットから長財布が出ているのを見ると心配になる。
どう考えても、出てない場合よりも財布を落とす可能性が高い気がする。

となると、もし財布が落ちたらどうしよう。
そして相手がそれに気づかず行ってしまったらどうしよう。
財布を拾って声をかけたときの「誰お前?」的な顔、どうしよう。
あるいはちょうど財布を拾ってあげたときに相手が振り向いたらどうしよう。
そして財布から少しだけ秘密結社の秘密カードみたいなものが見えていたらどうしよう。
「知ってはいけないことを知ってしまったね」と相手が近づいてきたらどうしよう。
黒い革手袋をはめながら近づいてきたらどうしよう。


と、そこまでではないにしても心配だし、そうなったら面倒くさいな、とも感じる。

ということで、僕は基本的には小銭入れのような財布を持ち歩いている。
お札は四つ折りにするか、はだかでカバンに入れておくか、そもそも持たない。

ただ、これにも問題はあって、まずお札を四つ折りにするのはなんか窮屈というか、かわいそうな気分になる。
また、はだかでカバンに入れておくのは、なんだか粗暴。
それぞれよくない。

もちろん、持っていないと困る事もあるので、そのへん、僕にはいつも葛藤があるわけだ。


これはもう、どうしようもないのではないかと考えていたが今、カードというものを思い出した。
考えてみれば、Suicaカードでよく買い物をする。
携帯電話も確か、電子マネーが使えるんじゃなかったっけか。
素晴らしい。

おし、この調子でクレジットカードも使いまくるか!!。



・・・誰かが黒い革手袋をはめながら近づいてきたらどうしよう。

というのは、多少偏見がありましょうや?。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。