リンケージ、うんこを入れるための袋。

※「うんこ」が頻出します。注意してください。




多少下世話に思われるタイトルかも知れないが、犬を飼っている、飼っていたことのある人にとってそれは極めて一般的な。
ちょうど自分がトイレに行くという行為くらい一般的な「あることがら」を担う重要ワードなのである。

すなわちうんこを入れるための袋なくしては散歩には行けず、それを忘れてきたもんなら、うんこを一時的に放置して帰らなければならない。

僕も何度か経験があるが、あれは単に一旦家に戻るのもめんどうで、さらに周りの散歩人から「うんこそのままにしてくんだ・・・」と勘違いされそう。

よくスコップも放置して「ここにちゃんと戻ってきますよ」アピールもするが、「もううんこの付いたスコップは捨てるんだ。ブルジョア」などと思われてもいやだ。

何度、犬を置いていこうかと思ったことか。

とはいえ、もちろん犬は自由だから、うんこのそばでじっとしていることなく、うろうろしてしまうだろう。
さらに、犬を置いていくと「もううんこをした犬はうんこそのものなんだ。犬もうんことして捨てるんだ」などと思われてしまうかも知れない。

もう超重要、うんこを入れるための袋。


犬はもう死んでしまったのだが、上記のことが原因なのだろう。
コンビニの袋を「何かのときに便利だから」と、小さくまとめてためているが、これは我が家にとっては「うんこを入れるときに便利」以外の何物でもないのである。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ