スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違和感

長い間生き続けていると、体のいろいろな箇所に、ときどき違和感が発生することが多くなってきた。

「肩に違和感がある」
よくある。

寝違えたのだろうか。
あるいはソニータイマーのようなものが人間には備わっているのだろうか。

ただ、よくあることとは言え、野球選手ならこれで休んでしまうくらい重要な事であるから、我々も注意しなくてはならない。



さて、この「違和感」というものについていつも困ってしまうのが「人の言う違和感が、どれほどの違和感か分からない」という点だ。

もちろん他の事柄でも、この「他人と共有できないところ」を持つ表現は数多い。

しかし、例えば「痛い」という表現だと、こう考えられないだろうか。

=====
友人「肩いってー」

「どのくらい痛いかは分からないが、それを訴えてしまうくらい、緊急性があるのだろう」
=====
程度は分からないがとりあえず痛いらしいことがわかる。




一方、違和感はどうか。

=====
友人「肩回すと、なんかへん」

「どのくらい変なのかは分からないが、それを訴えてしまうくらい、変なのだろう」
=====
「痛い」という表現の明快さに比べて、「違和感」はかなり蒙昧なものしか受け取れない。



従って
=====
友人「肩回すと、なんかへん」

「ちょっと、肩にコンパスの針の方が刺さってるよ!!」
=====
というのが、人によってはありえる。

また、

=====
友人「肩回すと、なんかへん」

「肩のところに値札シールがついてるよ」
=====
もありえる。

=====
友人「肩回すと、なんかへん」

「なんか分からないけど、お前が肩回すたびに前の席の青木がため息ついてるんだけど」
=====
どういう関連性があるのかはさておき、これも「違和感」の蒙昧さのなせる技。

他人の言う「違和感」というのは、思っている以上に違和だったり、違和でなかったりするのである。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。