愛媛県

私の家族は誰も四国に降り立った事が無いように思う。

私の生まれる前だったり、何かしらの理由でこっそり行ったというのなら分からないが、とりあえず「こないだ暇だったから四国に行ってきたよ」と聞いた事がない。

そういう点で、四国はフロンティアである。

ただ、その中でも「愛媛県」は、とにかくみかんが有名だと分かっているから、フロンティアとしてはかなりの情報が得られていることになる。

愛媛県のみかん推しはずいぶんと前から情報操作、プロパガンダが横行しており、その影響はもはや方向の修正が不可能な域にまで達していると思う。

「いやー愛媛県とくればLANケーブルの爪がよく折れる県として有名だよね」

誰も信用せず、「LANケーブルの爪がよく折れるのも有名だが、それよりみかんでしょ」と補正されてしまう。
それどころか、嘘を否定しない上でのみかん推しということで、もうみかん以外の何物も入り込むニッチはないようだ。

だが一方で、ここまで「愛媛県=みかん」の構図が出来上がってしまっていると、例えば愛媛県でみかんを片手に歩いていると、少し恥ずかしいのではないかと勘ぐりたくなる。

愛媛県でみかんを持って歩く。
少しできすぎな気がするのだ。

ということで、夜中の2時前にこれほどまでに愛媛県とみかんのことを考えてしまって。
愛媛県からはみかんをたくさんいただきたい気分。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ