スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みかん

先日、みかんを持って歩く、と書いた時、不謹慎ではあるが「みかんは持って歩けないだろう」と思った。

それはもちろん「みかんを持って歩く事がおかしい」ということではなく、とにかくみかんは投げやすい。
もしかしたら人は、何かしている状態でみかんを持たせたら、投げてしまうのではないかと思ったのである。

例の、こたつの件は気にしなくていいだろう。
確かにこたつ上にあるみかんを投げるやつなんか見た事はない。

あるとすれば自分の目の前にあるみかんを、対岸のこたつ同居者に投げ与えるくらいだろう。

長い、こたつではある。
しかしあり得ない事ではない。


ところがこれが、家の中ではなく外。
そして歩いているときになんかみかんを渡したら。

「投げる訳ないじゃないか」

もっともである。
しかし「歩きながら上に放り投げる」。
これはいきなりありそうではないだろうか。

上に投げて、上に投げて、相手に投げるフリ。
あながち、である。

そうなると冒頭の「みかんを持って歩く」というのは、正しくは「みかんを上に放ったり、投げるフリしたりする」であり、そして「みかんを上に放ったり、投げるフリしたりして、ストレート!!」もそう遠くない。

そんなことを考えると、もっとみかんは大切にしなくてはならない事が分かった。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。