保存食

やはり保存食というので良くないコピーというのは、これに決まりだろう。

「鮮度一番」

たとえば水に戻すだけで食べられる刺身が開発されたとする。
するとどうだ。

水だけでOK!!
3年保存可能 お刺身「不死魚」
鮮度一番!!

こうスーパーや東急ハンズの店先に並んでしまうのである。

別に保存食としてお刺身が開発されたり、「不死鳥」になぞらえた品名が付いたりしても問題はない。

だが、やはり「鮮度一番」は少し嘘過ぎるでしょう?。
達筆過ぎるでしょう?。

そんな気がする。
しかも、ここでちゃんとJAROや公正取引委員会に報告しておかないと、保存食業界はこうしてくる。

「シーラカンスもびっくり魚うてん!!」

これではやばいので、まずJAROに報告しておくと、たぶんこのくらいになる。

「シーラカンスもびっくり!!」

さらに公正取引委員会にも報告しておくと、このくらいマイルドになるだろう。

「弊社社員平井が3年たったものを食べましたが、大丈夫でした!!」

そして結果的にはおそらく「平井監修」で収まるのではないか。
そんな気が、ほんとにするね。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ