スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石

小さいなりに不思議だったのが「生きた化石」という言葉で、例えばカブトガニ。
あの、表はエイみたいで、裏がフェイスハガーみたいなやつである。

水族館でそれを見ると、近くの案内板には「生きた化石」とある。
これは結局「昔から姿形が変わっていません」ということらしいのだが、僕は気になっていた。

「こいつは生きてるんだから、化石ではないのではないか」

僕にとって化石というのは、石みたいで、骨しか見えなくて、こう「びたーん」ってなっていて、何よりも死んでる。
「生きた」という言葉と「化石」という言葉がつながっていることに、どうしても違和感があった。

そして「生きた化石」という字面からか、絵本の「100万回生きたねこ」を思い出させる。

化石も、絵本の顛末のねこも、結果的には死んでいるのだが、この背景の差はなんだ。

とりあえず入れ替えてみよう。

「ねこ100万回」

違う。
化石とねこを入れ替えてみよう。

「生きたねこ」
いるいる。

「100万回生きた化石」
何の事か分からない。

せめて「100万年前生きてた化石」だったらよかったのに。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。