コロッケ

じゃがいもが好きだ。

団塊の世代は「幼い頃食い過ぎた」という理由で、あまり好かない人も多いと聞く。
だからじゃがいもが好きなこともあり、僕は団塊の世代じゃない。

コロッケや肉じゃがもいいのだが、何となく好きなのは「ただ茹でたもの」だ。

あの、砂を食んでいるかのようなでんぷん粒。
口の中がぱっさぱさになる感じ。
ちょっと古いジャガイモだろうか。

誉めているようには聞こえないかも知れないが、なんかあれがいいのだ。


考えてみれば「口の中の水分を取られるもの」が好きな気がする。

甘食やオールドファッション、バームクーヘンを口一杯のほおばって、「ぶふっ」ってやりたい気がする。
そして紅茶で流し込みたい。

この欲求はおそらく、ビールにおける「夜までずっと我慢していてやっとこ飲める」というシチュエーションと似ている。

「窒息しかけていて、やっとこ流し込める」

一点違うのは、ビールが要求の対象であるが、じゃがいも他は欲求達成の快感を高めるためのハードルだという事である。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ