スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットサル

フットサルというスポーツは非常に疲れる。

狭いながらも楽しくないフィールドを、終始ボールを追っかけているような状態が何分も続く。
そんな僕を見たある人は、それを「犬」と形容した。

確かに、河原でボール遊びしている犬は終始ボールを追っかけている。


休憩時間、へとへとになりながらも、「もしかしたら定石のようなものがあるのではないか」と考えるようになった。
他の人は、動きつつも僕ほど疲れてはいないようだった。
これは身体能力の差か、あるいは待つ戦法など、知っておくべき何かがあるのかもと思った。


このときの僕を形容するとなると「定石を知らない犬」となるだろうか。
これは、考えようによっては妙にハードボイルドな雰囲気をかもし出す。

=====
「あいつに関わると、ろくな事はないぜ」
「何せ、あいつは定石を知らない犬だからな」
=====


だが、もう少し情報を付加すると、こうなってしまう。

「定石を知らない河原でボール遊びしている犬」

これは完全に河原でボール遊びをしている犬であって、ハードボイルドではない。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。