スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイは老人に限る

スパイは老人に限る。

「なんでです?」

今のスパイには身体能力なんていらないのよ。
技術とコミュ力。これだけあれば。

「でもほら、なんかもう悟っちゃってるから、国際情勢とか重視しないんじゃ?」
「残りの人生を楽しむ、なんて考えもあるし」

いや、逆だよ。
愛国心もあるし、むしろ最後は一花咲かせたい、誰かの役に立ちたいなんてあるし。



線香の煙越しの遺影からは、それほど意識の強いような印象は受けない。



「どちらにせよ、もうあのファイルのコードは分からなくなってしまいましたね」
「彼にしか分からない」

そうだね。
でも、老人は死を恐れない。
一番安心して任せられる人材だったよ。

それに、うん。
こうして挨拶に来たのは間違ってはなかったようだよ?
ほら。

「位牌長っ!!」

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。