スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふとんのシーツがよじれていることで怒るような器の小さい人間ではなく、よじれが体に当たる事を気にせず寝られるような器の大きい人間でもないため、結果ちょうどの器の僕が来ましたよ。

これを1時間半遅れた飲み会で開口一番言おうと思っていたら、「よじれ」のところでかんでしまった。

忙しさであまり会話していなかったためか、「口の凝り」が出てしまったようだ。
もちろん、上記の抱腹絶倒ネタはその艶を失い、むしろ「そのとおりだね」と一蹴されてしまった。

まあそのあと僕の取り皿がなかったのが幸いしましたけど。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。