ナオトのカタカナ語化力

このあいだテレビを見ていたら、こんなテロップが出ていた。

「ナオト・インティライミ、フェスでのルール」

もう、「での」もカタカナであってほしかった。
そんな気にさせる日常の一コマ。

しかし考えてみると、このような「もう少しでフラッシュ」という事柄は日々、頻出しているのではないか。

「ユースケ・サンタマリアってマジ仏」

あー頻出しないほう選んでしまった。
また、ご覧のように「仏」を「イム」と読ませようとしているあさはかさ。
ヨクナイ。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ