スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2565年

「すいません、これ何ですか?」

「ああ、これ?。ここ、天橋立でしょ?」
「あの、有名なのあるじゃない?」

「日本三大名所、みたいな?」

「まあそうなんだけど、ほら、股から景色見るやつ、あるじゃない?」

「ああ、股からのぞくやつですね」

「そうそれ。これ、股のぞきの補助器具なんだ」

「補助器具?」

「そう。ほら、普段股から物を見るなんてしないよね。」

「ええまあ。」

「姿勢も不自然で、体勢を崩す。けが人が出るくらいだったから、補助器具を設置したんだよ。」

「確かに変な体勢ですからね。ところで100円入れるところがあるんですけど。」

「そりゃあるだろ、どこの展望台の双眼鏡にも付いてる。」

「でもこれ、別に100円入れなくても、なんか、出ちゃってるでしょ機能。」

「別に、寄りかかるだけでもう股開きが楽にできちゃう、と。」

「股のぞき、ね。ええ、そうだと思うんです。」

「確かに。例えば双眼鏡の方は、100円入れないと見せてくれない。こいつはただ、利用した人の自発的な支払いを期待しているのか、あるいは何か100円を入れる事で特別な機能を発揮するのか。」

「股のぞきの特別な機能・・・。景色がよりきれいに見える、くらいしか思いつかない。」

「何なら、見比べてみたらどうかな?。普通に見て、それから補助器具の方から見て。」

「お金かける分、きれいに見られる気もしますしね、試してみますか。」


=====


それから550年後

レポーター「ここが京都州で有名なスポット、天橋立跡地です。」

「今はもうその姿を見る事はできませんが、愛されていた景色を見るための儀式が残っています。」

「股から顔を出しながら50mほど離れたお賽銭箱に100ポン(※)を入れるというものです。」

「今日も大勢の観光客が、股から顔を出しながらお賽銭箱に向かっています。」

「慣れたものですね。」






=====
※ポン
2565年の日本における通貨の単位。
「ニッポン」の「ポン」にかかっている。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。