付喪神

いろいろ忙しくしていると、ふと何かその時は思い浮かばなくていいものが頭の中に現れて、困るときがある。

こないだ、「ASIMO in 付喪神」というのが浮かんだが、「ASIMO」はいわずと知れた本田技工の人型ロボットで、付喪神は日本古来から伝承されている、物が長い時を経て魂を得たもの、あるいは物に宿る魂、みたいなことだった気がする。

このキーワードを普通に考えると「ASIMOにはもう付喪神入っちゃってる」となるわけだが、もちろんこれは「AIBO in 付喪神」でも大丈夫で、「ファービー in 付喪神」も問題ない。

やはりASIMOやAIBOなどは先見的な存在として卑怯ながらも「いじりやすく」、色々考えると面白い。

ぱっと思いつくのは「餃子の餡 in ASIMO」だろうか。

一方、「ダイソンの扇風機 in 付喪神」はなんか怖い。


「ダイソンの扇風機が、いくら位置を変えてもある一カ所にだけ風を送るんです」


そこに霊がいるという案配である。

また、先見的ではないが「エレベーター in 付喪神」なんてのは、B級ホラー映画みたいだ。

やはり「付喪神」が入ってもらいたいのは生き物の形をした物であってほしい。

ところで、そもそも「付喪神」というのは「in」で表現できるものなのだろうか。
前置詞的な観点の話になりそうだが、となると「付喪神」というのは一体何なのか、というのも定義付けが必要そう。

どちらも手に余る内容だが、とりあえず「付喪神」のことを英語で喋らなくてはならなそうなシチュエーションは、避けて生きていきたい。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ