ドアをしめて

尾崎紀世彦氏の「また逢う日まで 」がテレビでやっていて、久しぶりに聞いた。

今聞いても迫力があり、とてもいい歌だ。

さて、ブログタイトルにもあるように、この歌の重要なところは「ふたりでドアをしめて」のところ。
「しめて」の「め」と「て」の間をいかに空けないか、だろう。

とりあえず今、カラオケで「め」と「て」に間を空けないシーンを想像してみる。
気持ちいい。

間違いなく気持ちいいので、よかった。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ