スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペガ

ペガサスなのか、ペガススなのか、それが問題だ。

調べてみると英語読みなのか、ラテン語読みなのかの違いらしく、これはもう言語間のゆらぎ。
仕方ない差異なのだろう。

でも気になるのがやはり「スス」のところで、なぜかこのせいで「ペガサス」の神話性が失われている気がするのだ。

そう、僕は断然「ペガサス」派で、ペガサスの話題になったときにわざと「ペガスス」と発音、相手が「ペガサス」派なのか「ペガスス」派なのかを見極めようとしたりする。

「ペガスス」派のやつを、俺は認めない。


ところで「ペガスス」と表現している「ラテン語」は生物の学名に使用されている事で有名である。

「ペガサスの学名がペガスス」と言えなくもないが、空想上の生物に学名が付けられるのか。




ペガサスの 飼料にレッド ブル混ぜる 狙うはトンボ みたいな天馬




全然分かんないので歌を詠んでおいた。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。