スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢い

うちには拾ってきたものやら買ってしまったのもやら。
猫がいる。

猫も集めてみると、様々な性格があって面白い。
のんびりだったり、嫉妬深かったり。

ところで、生き物にはそのような後天的っぽいものとは別に、先天的な気質というものがある、と言われている。


「ビーグルは猟犬として仕事ができるほど賢く、好奇心旺盛」

今、スッキリでやってた。


もちろんビーグルにも個性はあるだろうが、ビーグルの概要としては「賢く、好奇心旺盛」。
ちゃんと書くとさらに「4本足で恒温動物、目が顔面の前に2つついており」とかなり、そこはよしなに。

とにかくビーグルは、そのようなものだ。



ここで気になるのが「賢くない気質」の犬だ。

どのような確認で相対的な賢さがわかるのか。
難しいところだが、いるはずなのだ、「賢くない気質」の犬が。


「パグは賢くなく、しわしわ」

異論反論を恐れず言うと、「賢くない気質」はパグが似合うと思う。

「パグは賢くなく、しっぽの代わりにカールが付いている」
「パグは賢くなく、顔のひだにはヘソのゴマと同じ成分が含まれている」
「パグは賢くなく、口の届かない毛に洗濯バサミをつけると、面白い動きをする」



犬というのは人間との共生関係を長く続けているから、もう狩猟能力どうこうは関係ないだろう。
そして、それゆえにぬけている、アホがかわいいという向きも少なからず存在する。

狩猟能力が低く、アホ。
パグが適任ではないだろうか。


と、ここまでは当たり前のように犬種改良やその歴史。
パグの他のいいところをないがしろにしているわけであるが、そのような粗相もパグは許してくれる。

そんな気がパグにはするのだ。
飼ったことないが。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。