目は口ほどに

ものを言う、っていうことわざがある。
これがよくあてはまるのは「犬猫」だろう。

まず、このことわざを数式で表すと、ものを言うことについては「目≧口」になり、犬猫は「口=0」だから、「目<0」にでもならない限り、必ず「目≧口」が成り立つ。
もう、このことわざの代名詞といっても過言ではない。
※ここでの0は、「ものを言うことがゼロ。あるいはものを言わない」ということになる。


今、「口≧口」が顔っぽいなと思ったが、それはさておき気になるのは「目<0」はどういったことなんだ、ということである。

申し訳ないのだが失礼を承知で言えば、視力が著しく低い場合や失明というものが浮かぶ。
だが、それは目の能力を視力としてとらえる場合で、一方でこのことわざは視力のことを言っているわけではない。

おそらく、形なのである。
目と、その周辺の様相、表情が「ものを言う」わけで、「目<0」は、「表情<ものを言わない」と言い換えられる。

さて、やっと「目<0」というものは、「ものを表現しようとしていない表情」で収まった、と考えるのはちと早い。
それでは「「表情=ものを言わない」であって、「表情<ものを言わない」ではない。

負の「ものを言う」は、日本語に直すとどうなるのか。

普通に考えると「ものを言ってもらう」になるか。

それは「ものを言ってもらいたそうな表情」ということで、それはいきなりありそうすぎる。
しかし再考してみると「それがもの言ってるじゃん」という気もし、もう全然わかんない。

「ものを言う」ことを出力と考えると、入力がそれにあたるか。

「ものを取り入れる表情」
「感化されやすい表情」
「師匠の講演を真剣に見つめるまなざし」




とりあえず、今回の内容はばかっぽい感じがいつもよりすごい。
疲れた。



ただ、メガネを普段かけている人の目が言っているのはわかりやすいから書いておく。

33だ。
33としか言っていない。





追記
このことわざって、「口よりも目の方がものを言う」ってわけでもないか。。。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ