浅こより その2

【あらすじ】

くしゃみって、嫌われがち。
=====
昔読んだ本に、こんな一節があった。

「生まれたばかりの雛はか弱く、例えば巣のある木の下にいる人がくしゃみをしただけで、そのショックで死んでしまうこともある」

口の周りがびちゃびちゃになる。
あるいはびちゃびちゃを周りに飛ばす。
適度な湿度は必要だが、あまりにびちゃびちゃだと悪い菌が繁殖しやすくなるという前前前世からの経験則。
もちろんびちゃびちゃの中に、すでにウイルスがいたりする。
あるいはいるかどうかの判断が難しい、他人のびちゃびちゃ。

その辺が、くしゃみが嫌われる理由の最たるもののような気がする。

そして、冒頭の話。
故意ではないにしても、その無差別な破壊力には、子供の残酷さ的なものを感じずにはいられない。
「出ることを制御できない、生理現象」という点も、嫌われる要因にあるそうだ。

一方、「くしゃみのとき、すごい表情になる」という点も見逃せない。
言い換えると、ぶさいくになる。

もちろん本来は「ぶさいくって、嫌われがち」を考えなければならないのだが、めんどうくさく、例外も多そうなのでここでは割愛。
ぶさいくにトランスフォームするのも嫌なのだ、くしゃみによって。


飽きて20分くらい経つので、見方を変えてみよう。

くしゃみ 闇属性 威力20
くしゃみ 聖属性 威力20

あるゲームでこういうやつがあったら、どうなるだろう。

「くしゃみ 闇属性 威力20」は間違いなく巨大な魔王の序盤の攻撃で、正しく表記するとこうなる。
「くしゃみ 闇属性 威力20 毒付与」

一方、「くしゃみ 聖属性 威力20」の方は、これまた間違いなく女性神官の使用回数制限のない体力回復能力で、正しく表記するとこうなる。
「くしゃみ 聖属性 威力20 射程1」


こう考えると、少なくとも他人に対してだけは、くしゃみというのは場合によってはいいことに扱われる可能性があることが分かる。
そして、この詳細を考える場合、先ほど割愛したところが重要だろう。

しかし残念、割愛してしまった。
覆水盆に返らず。
なんとかmilkなんとか。
一事不再理。

うーん残念。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ