10002時間

【昨日からの続き】
人は10000時間費やすと、なんでもプロになれるとか。

=====
先日は「神社に住んでいれば初詣が10000時間達成できる」「アキレス腱をゆっっっっくり伸ばせばプロになれる」だの言っていたが、腑に落ちない気持ちで数日を過ごしてしまった。

なぜか。
それは単純に「本当に10000時間やれば、プロなのか」という点が気になり、何か足らない。

おそらく10000時間というのは必要だが十分ではない。
あともうひと観点くらいの目安が必要なのではないか。

例えば回数だ。

「初詣プロは100回訪問かつ10000時間を費やすこと」

一気にハクがつき、かつ1回あたりの時間も自ずと判明し、神社に住む、だののずるはできなくなる。
かなり計算してやらないと、寿命を迎えてしまうところが、プロたる難しいところだろう。

速度はどうか。

「アキレス腱伸ばしプロは10000時間かつ伸ばしたあとの徒競走で3位以内」

光度は?

「乾拭きプロは10000時間かつ床がピッカピカ」

どれも、より濃密に時間を費やした感が出て、いいじゃないか。
やや、プロというよりはギネスな感じがするが。


となると次は「ギネスはプロか」を考えねばならず、実は結構飽きて久しい。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ