戦争と平和

以前、「武器を捨てろ 服を着替えろ」というコピーが洋服のメーカーかなんかであって、こいつはかなり美しいなあ。
そんなことを、昨日のおしゃれについて書いていたときに思い出した。

そうなると気になるのが「武器が先か、おしゃれが先か」ということで、とりあえずこの疑問は以下のような捉え方ができる。

1.
人類史にとって、武器の文化とおしゃれの文化、どちらがより早かったか。

2.
双方に差がなく不足な場合、人間は武器とおしゃれ、どちらを選択するか。


1.については「2001年宇宙の旅」に登場する、武器を手に入れた類人猿を考えてみよう。
彼は確か、銀製のネックレスをしていなかったし、メッシュの黒タンクトップも着ていない。
あるいは彼女なのか。
彼女はイヤリングをしていなかったし、まつ毛は長くなっていなかった。
彼女は今の人類に比べ、多少鼻の下が伸びていたかもしれないが、それはマスカラをつけていたからではない。

どちらにせよ、多分武器の方が早かった。

2.については、例えばこれを考えるのはどうだろう。

「魅力的な異性が斬りかかってきたときにどうするか」

これだと、まずおしゃれを選択する人はいない。

「まずは相手を魅了するため、オーデコロンをつけます」
どんな武士道か。


これらの、足らなすぎる事象を踏まえると「武器が先か、おしゃれが先か」の回答は、武器ということになる。
残念なことに人類というのは競い合う生き物であるらしい。

ここはひとつ、デコ石器やデコ矢じりが出土されれば、まだ五分に持っていける気もするのだが。。。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ