スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7回

どうも人間というのは7回転ぶというのが相場のようだ。

もちろんこれは「七転八倒」と「七転び八起き」のことを言っていて、調べてみると意味の違いや漢字の由来など、知名度の高い言葉の割には知らないことも多い。

しかしわからなかった。
転んだ回数として7回が採用された理由が。
そのシンクロニシティーが。

一番ありそうなのは七転八倒と七転び八起き、どちらかから、もう一方が生まれたという経緯だ。


=====
「あいつ7回も転んだけど、そのあとは転ばなかったよ」
「でも、打ち所が悪くなくてよかったよ」
「もし変なところ打ってたら、まずいもんな」
=====

これが、かなり最短を攻めている「七転八倒と七転び八起き」の誕生だ。


それにしても7回である。
だいぶ転んだ。

昔の人も、ちょっと多いと思ったのだろう、7回は。
だから後世に伝えようとしたのだ。

転びようによっては致命傷になっていることもあっただろう。
そんなリスクを負った状態でも、彼は7回転んで、しかも起きた。

一つわかった。
七転八倒でも、8回目に倒れるためには起き上がらなくてはならないのだ。
ということで、ここに「七転八倒と七転び八起き」の時系列が判明した。

「7回転んだけど、起き上がった(七転び八起き)。また転んだんだけどね(七転八倒)」


彼はいつか、転ばない日が来るのだろうか。
それとも転びすぎて、肉塊に成り果ててしまったのだろうか。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。